出会い系サイトと神待ち掲示板の違い


男性にしてみれば出会い系サイトも神待ちアプリもどちらも、若い子とセックスをしたいという気持ちで利用しているのかもしれません。
しかし出会い系サイトと神待ちアプリはその役割は同じではありません。
では違いについて紹介してみましょう。

利用する人が違う

まず出会い系サイトと神待ちアプリの一番大きな違いは利用する人が違うという事です。
男性に関してはあまり違いはありませんが、女性に関しては大きく異なります。
一般的に出会い系サイトでは10代の女性は日常生活の中でも出会いが多いので、あまり出会い系サイトを利用しません。
しかし神待ちアプリはプチ家出女性という事で20代の女性がいないわけではありませんが、大半は10代だと言えるでしょう。
つまり若い子と出会いたいのであれば、神待ちアプリの方がお勧めです。

利用する目的が違う

次に出会い系サイトと神待ちアプリでは利用する目的が違うと言えるでしょう。
出会い系サイトはサイトによって、恋人を作るため、セフレを作るため、不倫をするための目的は異なります。
対して神待ちアプリは基本的に家出中で食事と寝場所を用意してくれる男性と出会うために利用しています。

神待ちアプリのメリットとデメリット

神待ちアプリが今出会い系サイトよりも密かに人気を集めています。
なぜここまで人気が出たのか、そして人気があるけどデメリットはないのか紹介していきたいと思います。

神待ちアプリのメリット

まずメリットは、若い女の子とすぐに会ってセックスをする事が出来るという点にあります。
家出少女と出会うわけですから、相手は家出を続けるために、食事と寝場所を与えてくれる相手とセックスをする事を了解しています。
つまりギブ&テイクな関係なので、こちらが約束を守れば相手も約束を守ってくれる。
セックスが出来る可能性が非常に高いという点が魅力です。

そして今夜の相手を探しているので、長々とメールのやり取りをする必要がなく、面倒なくすぐに出会えるという点が男性には嬉しいですよね。

神待ちアプリのデメリット

そんな神待ちアプリのデメリットですが、相手が家出をする年代、つまり未成年の可能性が非常に高いのです。
いくら金銭的なやり取りがないから援助交際という犯罪ではないと言ったところで18歳未満の相手とセックスをすれば犯罪です。
青少年育成条例などに違反になってしまうので、見つかったら警察のお世話になるリスクがあります。

ただし最近は大人っぽい容姿の子が多いので、みてすぐに未成年だとは気づかれませんし、もともとホテルの入り口なんて顔が見えません。
普通にホテルを1日利用しただけで、警察に現行犯逮捕される確率なんてほんのわずかなパーセンテージにすぎませんが…。

神待ちアプリが利用される背景

神待ちアプリが利用される背景にはネットの普及やスマホの普及をあげる事が出来るでしょう。
確かにそうなのですが、家出少女はなぜ家出をしてしまうのでしょうか?

思春期に大人に反発するのは自然な事

思春期に親がうっとうしい、こんな家出て行きたい。
そんなふうに思う事は何も特別な事ではありません。
もう子供じゃないと思う自分とまだ大人ではないという自分が入りまじるのが思春期特有の心の動きだからです。

しかし本来その家を出たいという気持ちは大人になるまで我慢する事が大切です。
例えば勉強に打ち込み、大学進学を機に家を出るなど努力の方向に変えている子はたくさんいます。
嫌な事から逃げ出すという行為は大人になれば分かりますが、とても安易な行為です。