1日目で手を出さない


神待ちアプリが出会い系サイトよりも人気になっているのはセックスのしやすさでしょう。
セックス相手を一番早く見つけられると人気なんです。

若い子でもセックスの一つや二つは経験済みな子ばかり。
それでいて10代という魅力的な若さを持っている。
さらに言えば、お泊りという事で1日中関係を作れる。

出会い系サイトならデートをするとなっても数時間しか一緒にいれません。

しかし神待ちアプリなら家出をした少女たちがHELPを求めているので、そのままお泊り確定なのです。
泊まるという事はお風呂にも入りますし、一緒に寝る事だってできます。

慎重になる男性は、1日目は手を出さない人もいますね。
まずは女性が居心地の良い状態にするために1日目は手を出さない。

2日目3日目と居心地が良ければ女性も定期的に助けをその人に求めるわけですよ。

そうすれば、好きな時に一緒にいれて、好きな時にセックスができるわけです。
男性も最近は頭を使っていますからね。

教育は難しい…

今の若い子はゆとり教育ですね!
ゆとり教育で子供を甘やかせて育てるのも良くありません。

子供は親は何も言わないから、大丈夫だろうと思って、犯罪に手を出したりするのです。
そして女性に今多いと言われている神待ちアプリ。

神待ちアプリは男性の家に泊まらせてもらえます。
でもそれがどれほど危険なのか、若い少女たちはわかっていないのです。

親が子供を放置すればするほど、そういったサイトで知り合った男性と関係を持ってしまいます。
もしかしたら、相手が変態かもしれません。

だからといって、厳しくしすぎると、子供というのは余計はむかってしまいます。

子供の教育というのは難しいものなんですよ。
とくに家族との関係がうまくいっていないと危険なんです。

学生の時は友達の影響に流されてやり始める子もいます。
最新のスマートフォンは結構便利ですからね。
異性と関われるサイトもいっぱいあるので、お子さんの事をきちんと見てあげましょう。

そして怒る時は怒って、甘やかす時は甘やかすと使いわけて上手に教育していきましょう!